relax mania

おひさしぶりです。 また日々のこと、思うこと、書いていきたいと思います。 お付き合いいただけたらと思います。

カラダのこと

メリークリスマス。

寒い寒い。

体力づくりのウオーキングもサボり気味です。

年末年始はあったかい沖縄で過ごしたかったのだけれど病院からNGが出てしまいました。

いま、早産したら肺が未完成だから処置が遅れると後遺症が残る可能性あるとのこと。
沖縄にも病院がないわけではないけど・・・う~ん。こちらとしてはあまりお勧めできないかな~とのこと。

ビビりなのであっさり断念しました。
沖縄に嫁いだ友人にも会いたかったのだけれど仕方がない。
しばらくしたら産後養生で行くかな


年末は実家で母が手伝ってくれるというのでせっせと布おむつ縫いに精を出したいと思います。

布おむつも途中で面倒になって紙に切り替わるかもしれないけどまあ、一応経験だから挑戦してみるべし。

お酒が飲めないからか最近甘いものが食べたくて仕方がありません。

資生堂パーラーの手焼き花椿ビスケットとか
ガトーフェスタハラダのラスクとか
青木屋の武蔵野日記とか
喜八洲総本舗のみたらし団子とか
堂島ロールとか・・・・夢に出てくる。


調べてみたらこの時期はお腹の子供にブドウ糖が送られるようになるから甘いものが欲しくなるんだそうです。

現在、妊娠前より体重は6キロ増。
太っていいのはあと2~3キロが目安です。

この年末年始が勝負というところでしょうか。
でもきょうはクリスマス。

ちょっとだけそれらしいものを

素敵なクリスマスを。






続きを読む

ビワの葉。

現在、生徒として通っているヨガ教室は妊娠前からお世話になっているところでマタニティも妊娠が分かった時点から出産ギリギリまで、そして出産してからも子連れで参加できるヨガ教室なんです。

やってる内容はみんな一緒。

普通は安定期に入らないと受け入れてもらえないところが多いのですが
私にとってはよりいっそう自分のカラダに耳を傾けるという意味でとても合っている教室に巡り合えたのでうれしくおもっています。
自分にカラダに責任をもつという意識が高まった気がします。

そんなヨガ教室ではアサナの練習の他にも興味深いいろいろなことします。
今回は「ビワの葉湿布」。

患部にビワの葉を置き、その上に熱湯で煮込んだコンニャクをタオルで巻いて乗せて温めていきます。

このコンニャクがもの凄い熱い。
熱さで毛穴を開かせてビワの葉のエキスを浸透させていきます。
ビワの葉には解毒作用があって実際にガン治療の際に民間療法として用いられたりするそうです。

温めるという意味では生理痛や肩こりなんかにも良さそうです。

なかなかいいビワの葉が手に入らないのですがそうゆう機会があったら家庭に常備しておくのもよさそうですね。

私は胃が弱いので胃の裏側にあたる背中に湿布をしてみました。
終わった後のビワの葉は毒素を吸ってか黒ずんでいました。
恐るべし植物のチカラ。

101126_172120[1]

一日一万歩。

7ヶ月目に突入しました。

先日の検診で性別がハッキリするかと思いきや逆子になっていてなおかつすんごい丸まって私の骨盤の中にすっぽりはまってエコーではまったく分かりませんでした。

先生は「ごめんねえ。」と言ってしばらく子供がひっくり返るのを待ってくれたんですが「見せてやるものか。」とでも言わんばかりにどんどん丸まってしまうドエライ軟体ぶりを披露してくれました。

急いでないのでいつでもよいです。

血圧よし。
浮腫なし。
尿蛋白OK。
尿糖OK。
貧血なし。

ついでに歯科検診とインフルエンザの予防接種もして完璧です。

今、課題にしているのが
一日一万歩、歩くこと。


体重管理とあとは下半身強化のためです。
子供が外の世界に出たいと思った時に押し出すチカラは腹筋と背筋だそうです。

でもこの一万歩がなかなか達成できません。
1時間も歩くとお腹が張ってきたりして・・・ちょうど1時間だと八千歩くらいなのです。

助産院で出産予定の産み月が1ヶ月早い友達は頑張って3時間歩いているんだそうです。
すごいな~。

私が産むのは普通の病院なんですが運動量の目安はいつもの家事+疲れない程度の散歩。
助産院はそんななまっちょろい運動量ではなく、3~4時間の散歩。山歩き。薪割り。雑巾がけなんかもあるようです。

なんだ、この差は。

動かなすぎもよくないし、
動きすぎて早産しちゃったという子もいるし、
自分に合った運動量をその日、その日でこなすのは妊婦だろうがそうじゃなかろうが一緒のこと。

特別なカラダと思いがちだけど全然そんなことないんだな~と最近感じます。

タイマッサージもまだできるし、
シールシャアサナもまだまだいけます。
でも足の爪を切るのが少々しんどくなりました。

日々変化する自分の身体や心情がとてもおもしろい。


変化といえば・・・・

友人が東京から沖縄に嫁ぐことになったり、
福岡にタイマッサージのお店をオープンすることになったり、

なんだかワクワクする変化が目白押しです。

身軽になったら行くよっ!!


母親教室。

今日は「母親教室」という病院で行われる講習会がありました。

前期は妊娠16週~27週頃の妊婦対象。
予約を入れなくてはいけないのですが
「当日、気が向いたら電話していけばいいじゃん。」
なんておもったらとんでもなく何週間か待ってようやくの参加でした。

会場もいっぱい・・・
少子化じゃなかったの?

内容は栄養管理の事や喫煙、飲酒の危険性とかそういった
事。あとは日常生活で気をつけることなどでした。

入院した時のお部屋や分娩室なども見学してきましたが
なんか全体的にピンク色。
産婦人科ってみんなそうなのか・・・・
マタニティウエアとかもそうなんだけどなんつーか全体的に甘い・・・
授乳まで使えるパジャマをクタクタにして着心地良く着たいから
もうすでに着てるんですが花柄、ハート柄、袖フリル首リボンです。

笑えます。
コントです。

スカル柄のウエアとか
皮使用のビョウがついた母子手帳ケースとか西松屋で売ってたら是非買いたい。普段、そのテイストじゃないけど買いたい。


切迫流産で最近まで入院していた方、
大きいお腹なのに上の子を抱っこしなくてはいけない方、
それから長い不妊期間を経てきた方、
いろいろ悩みを抱えてる方たちと同じ席になって話をしてみる機会が初めてだったのですがとにかくここまで頑張ってきたのだからお互い無事に産まれることを祈るばかりです。







不妊治療の事。②

「足りないものを補う」

という考え方は漢方など勉強しているとよく出てくるし、
そうゆう考え方は非常に気がラクです。

なにが足りないかを知る。
そしてその「足りないもの」は補えるものなのかそうでないのかも知りたかったのです。

補えないならあきらめて夫婦2人で楽しむ術を
そして私は社長にでもなる準備にとりかかろうと思ってました。(いやいやマジで。)


月経周期はご存じ、だいたい28日周期。

月経期
卵胞期
排卵期
黄体期

の各1週間です。

月経期には採血をし、ホルモンの分泌を調べることで、卵巣が老化していないかどうか、排卵障害の傾向がないかどうかを調べます。 

卵胞期。
この時期は排卵を促すホルモン、エストロゲンが活性化して一番女性がキレイになる時期です。ダイエットを始めたり、合コンするにはこの時期ですね。
ここでは子宮卵管造影検査を行いました。
卵管が詰まったり、ねじれたりしていないかをレントゲンで確認する検査です。あとはこの時期に性感染症などないかも調べます。

排卵期。
卵と子宮内膜に成熟具合を調べます。
ここでホルモン注射をしました。
注射をするのは最低限で。と思って先生に本当に必要かどうか聞こうとおもったら「コレ、やるとキレイになるよ~。」と言われて「じゃ、お願いします。」とあっさり注射。


黄体期。
基礎体温を測ると排卵期から黄体期そして月経開始にかけて高温になります。
黄体ホルモン、プロゲステロンの仕業です。
私の場合この高温期が短かった。
こうゆう場合、黄体機能不全や無排卵月経の可能性があるようです。
採血や超音波での検査をしました。
そして体温を上げる薬も処方されました。
副作用ももちろんありました。


1ヶ月の間にこれだけのホルモンやらなんやらが正常にはたらいて
なおかつタイミングが合わないと着床しないワケです。
いちいち頭で考えていたらキリがないことをカラダは自然にやってくれているのだからそれはすごいことだしおまかせするしかないです。

妊娠を望んでいようがそうでなかろうがこういったプロセスで女性のカラダは流れているということを知るのはとても面白いことだと思います。

いつもよりテンションが高かったり
なんとなくイライラしたりするのもこうゆう流れを知れば身をまかせるのも安心というものです。

結局、何が原因だったかははっきりわからなかったけど
それが身体的なことだったのか
心因性のものだったのか
ただのタイミングか気合いの問題か・・・

でも治療をすることで自分のカラダと、
あとは気持ちに真の意味で向き合えたのはほんとによかったと思います。
そして自分のカラダに少しでも不安がある場合はプロの手を借りるのも一つの手だと思いました。


最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

遊びに来てくれてありがとね!

プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ