祖父が亡くなりました。

95歳でした。

可愛がってもらった記憶はひとつもありません。
一緒に撮った写真もありません。

なので訃報を聞いても感情が動きませんでした。

ふぅん

という感じ。

実家に戻って、通夜に出て告別式にでても、
冷たくなった身体に触れても、周りの親戚とかが泣いていても

ふうん

はまだそこにいました。

それでも血がつながってる人だったんだよな~。

じぃちゃんがいなければあたしはいまここにいなくてと思うとなんだか不思議。

しばらく実家でのんびりしてから岡崎に帰ろう。