relax mania

おひさしぶりです。 また日々のこと、思うこと、書いていきたいと思います。 お付き合いいただけたらと思います。

産後一年たったがまだ生理がこない。
妊娠から数えたらかれこれ二年近くないことになる。

まだ子供が母乳を飲んでいるからというのもあるがすでに納豆ご飯まで食べられるようになったいまはタダの甘えで栄養的にはあまり役割を果たしてない気がする。

この一年間、子供を抱っこするからずっとスニーカーだったし、美容院にもなかなかいけないので髪も短くして服装も授乳のため前あきの綿シャツのみ。これがまたかわいいのがなかなかないのだ。

それはそれでフツ~と思ってやってきた。

しかしここ最近ちょっとオシャレしたくなってきた。

春だからか。

子供を介しての人付き合いが割とあるためソフトな表現を心がけてきたが上っ面の付き合いしかないので毒がそろそろ吐きたくなってきた。

最大のデトックスといわれる出産も一年が限度か。
解毒の春だからか。

とにかく今の生活では忘れようと思えば忘れちゃっても何ら問題のない女子的な要素を引っ張り戻したい気分になってきた。
そしたらホルモンもちゃんとはたらきだすような気がする。

3f906c7b.jpg
近所の公園は梅が満開です。
靴をはいて初めて歩いた!
すごくうれしそう。

祖父のお通夜から結局2週間も実家に居座ってしまいました。

納官の儀(「おくりびと」みたいなやつでした)から始まり納骨まで見届けました。

立派な骨でした。
人はみんな最後はああなるんだなぁ。
踏ん張って生きても
のらくら生きても
最後はみんな骨だなぁ。

どっちがいいか。
どうせならどっちもやったらいいなぁ。

と思いました。

でも私が踏ん張れるのは大切な人が存在するせいぜい半径3メートルを守るくらいかなぁ。

でもそれができたら本望です。

じいさんはこの世を満足したかなぁ。

同じ敷地内に住む友人二人がそれぞれ赤ちゃんを連れて実家から帰ってきます。

新しい命を迎えるのは楽しみです。

祖父が亡くなりました。

95歳でした。

可愛がってもらった記憶はひとつもありません。
一緒に撮った写真もありません。

なので訃報を聞いても感情が動きませんでした。

ふぅん

という感じ。

実家に戻って、通夜に出て告別式にでても、
冷たくなった身体に触れても、周りの親戚とかが泣いていても

ふうん

はまだそこにいました。

それでも血がつながってる人だったんだよな~。

じぃちゃんがいなければあたしはいまここにいなくてと思うとなんだか不思議。

しばらく実家でのんびりしてから岡崎に帰ろう。

息子の着替えのとき、
歯磨きするとき、
風呂に入るとき、
食事のとき、
寝るとき、

あらゆるシーンで歌を歌っている気がします。

あてはまる歌があるんですね~
すべてEテレの教育番組からです。

よく考えて作られてるな~

子供も耳慣れているので分かるのか歌ったほうがお世話がスムーズ。
こちらも歌ったほうがゆったりできる。

ああ、歌ってすばらしい。

とふと思う。

このページのトップヘ